ローン一本化

自社ローン

自社ローンを利用する

他社のローンでは断られてしまうため、自社ローンを使いたいという人は、どんな手続きをとっておこなうといいでしようか。自動車販売店で、車の購入する時に、必要であれば自社ローンを使うという人は少なくないようです。

 

自社ローンの手続きをするのは、車を購入する時の書類作成などを店頭で行う時です。仮審査を電話やホームページから申し込んでから行い、ローンの内容を決めるという会社もあります。基本的には、自社ローンの返済は24回あるいは36回など、販売店側が指定した回数の中から選択するという形になります。

 

自社ローンを組むときの審査は金融機関を通さないので柔軟な審査を受けることが可能です。中古車を取り扱っている業者から、自社ローンで車を買うという形がよく知られています。会社によって審査の厳しさや、貸付条件の設定の仕方は違っていますので、一般的な相場はありません。

 

ローンの審査結果によっては、保証人を求められたり、頭金が必要になったり、返済の条件が追加されたりします。審査は申し込み後、契約をしてから行われます。審査の結果によって納車を行い、月々の返済をすることになります。

 

自社ローンを利用する時には、会社ごとに貸付の条件などが決まっていますので、各社様々です。どうしてもローンを組む金融機関が見つからないという人には便利なローンが自社ローンだといえるでしょう。

こんなことに注意

一般的なローンは使えないという人は、自社ローンで欲しいものを買うという手があります。どんなことに気をつけて、自社ローンを利用するといいのでしょうか。多くのの場合、普通のローンを組んだほうが、自社ローンを利用するよりも低金利です。

 

自社ローンを組むときにはしっかりと返済プランを立てて、総返済金額が自分で返済できる範囲になるように設定しましょう。自社ローンが可能な車の中から買う車を選択することになりますので、その点は踏まえておきましょう。

 

車の中で欲しい車があっても、自社ローンが使える販売店で取扱いがなければそれは購入できないということです。購入可能な車の選択肢が限られる以上、相手の言い値で購入しなければ買えないということになり、高めの商品になったりもします。

 

自社ローンを使うことにしたために、割安での買い物ができなくなってしまったということもあります。金融会社でない会社が、金融商品を取り扱うことになる場合があり、自社ローンを使ったことで、非合法な売買になることもあります。

 

一般的なローンよりは借りやすい雰囲気はありますが、高い金利によって返済の取り立ても厳しくなる可能性があります。確実性を期すならば、普段からローンを扱う業者からの融資がおすすめです。よほど必要に迫られない限りは自社ローンを使うのは避けたほうが良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ