ローン一本化

ローンの一本化

ローンの借入先を一つにする

ローンなどの借り入れを整理する方法のひとつに、借入先を1つに一本化する方法があります。金融機関に支払っている手数料が重ならなくなりますし、返済の見通しがシンプルになることが、ローンを一本化する利点です。

 

精神的負担も軽くなり、生活への支障が少なくなるという利点があります。返済金額をより安くするために、今まで利用していた高金利のローンや、複数のローンを一本化するという人もいるようです。

 

融資を受けている金融会社の数はそれほど多くなくても、利用限度額の上限までお金を借りたため、返済負担が多くう場合もあります。借りたお金を返すために、次のローンを利用するという方法で返済をしていると、借入金額は膨らむ一方でいいことはありません。

 

今はさまざまな金融会社でおまとめローンなどの名称でローンの一本化を行っています。複数の金融会社から融資を受けて返済が難しくなっている人は、ローンの一本化を利用するといいでしょう。新たな借入先を探さなくてもローンの一本化ができることがあります。

 

ローンの一本化のために必要な金額について、金融会社に話をしてみます。キャッシング会社が利用金額の拡大を認めてくれれば一本化することができます。一本化ができたら、どのようにしてお金を返済するかをしっかり伝えることができれば、ローンの一本化は認めらやすいようです。

一本化の進め方

ローンの一本化をして借金の返済をするという方法が、複数の借金を抱えて返済に困っている場合にはあります。

 

もしもローンを一本化したい人は、まず何から手をつけるといいものなのでしょう。一本化ができそうなローン会社のホームページを見ていきます。

 

自分があてはまる条件下での金利はいくらか、限度額はどうなっているか、返済方法はどうするのかなどを調べましょう。事前に利用規約を確認しておくと、問題が発生した時の対処がしやすくなります。

 

いい金融会社があれば、一本化のための借入をします。基本的な個人情報の記入となりますのであとは連絡を待ちましょう。後は、審査の結果を待つだけです。審査にクリアすれば、貸付金利や貸付上限金額などが決まり、実際に借入が可能になります。

 

審査に通過した場合には銀行口座にお金が振り込まれま、振り込まれたお金を使って借り入れしている金融機関へローンの返済をします。一本化したローンの返済が完了すれば、手元には何もローンが残らないことになります。

 

契約書類はこの後に送られてきます。必要書類をすでに揃えている場合には書類といっしょに送付しましょう。一本化ローンは、普通のローンと大体同じような手順で手続きをすることになりますが、審査のハードルがより高くなります。

 

審査に落ちた場合のことも考えておかなければなりません。一度審査に断られて、次回新たに金融機関からの一本化ローンをお願いしてみようという時は、1カ月後くらいにしましょう。

一本化の注意点

ローンの一本化は多重債務をしている人にとってさまざまなメリットがあるものですが、ローンの一本化が向かない人もいます。ローンを複数使っているならば、それぞれの条件を確認してみることが大事です。

 

現在利用しているローンの中に低金利で借り入れできる商品がある場合にはローンの一本化や借り換えをしなくて済む場合があります。ローン会社の担当者にローンの一本化を検討しているという話をして、貸付金額の上限は上げられないかを聞きます。

 

すべてのローンを明らかにして希望融資額に届くか検討してもらいましょう。新規でローンを組んで一本化するよりも、従来からのローンの借入上限を増やした方が、返済がしやすいことがあります。ローンの一本化を他の金融機関でするのとどちらがお得になるのかよく検討することが重要です。

 

一本化してローンの返済を始めたら、もう新しいローンを組むのはやめましょう。それができなければ、一本化はすべきではありません。複数のローンを一本化すると借金がなくなったと大きな錯覚をおこしてしまうことがあります。

 

一見、借りた金額が減ったように見えますがそんなことはなく、むしろより確実に返済の必要が生じるものです。ローンを一本化する場合にはその借金をすべて返済するまでは新たな借金はしないという強い決意がなければなりません。

 

借りたお金を返しやすくするためにローンを一本化するものですが、ボタンを一つ掛け違うと返済がどうしようもなく行き詰まってしまうものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ